So-net無料ブログ作成
検索選択

疲労回復に効く足つぼ [効果]

お風呂の後や、就寝前には、疲労回復に効果的な足つぼを、ゆっくりと揉みほぐすことで良い効果を得られると思います。

疲労回復に効く足つぼのなかでは、足三里(あしさんり)が有名です。
足三里は、むこうずねの外側、ひざ下十センチほどの位置にあります。
足三里は、胃腸の機能を整える効果もありますし、万能つぼとして知られています。

その他には、湧泉(ゆうせん)と、向かい湧泉という足つぼも、慢性疲労の回復に有効なつぼです。
湧泉は、足裏、5本の足指を内側に曲げるとできるくぼみの中にあります。
左右の親指の腹で押すと、効果抜群だと思います。
このつぼもまた、万能のつぼで、不眠症にも効果があることが明らかになっています。
向かい湧泉は、湧泉よりも少し下にあります。
かかとより少し上を、ぐぐっと押してみてください。

足つぼを離れますと、手軽なつぼ押しとしては、目の疲れについて、目頭の内側をやさしくマッサージしながらゆっくり押すと効果があります。
また、まゆの付け根の下側のくぼみも、目の疲れをとるのに効果があるつぼです。
目の充血にも効くと言われていますね。

さらに、肋骨の一番下と同じ高さで、背骨から約三センチ~四センチ外側にあるつぼも、慢性の疲労回復に効くつぼです。
ここを、両手の親指の腹で押してみてください。

共通テーマ:健康

冷え性とほてりでのつぼ療法 [効果]

冷え性は、特に女性の大きな悩みのひとつです。
夏場であっても手足の先がずっと冷たいということもあります。。

東洋医学では、冷えは、肝経(かんけい)と腎経(じんけい)という、特定の経絡で気血が滞っていることで起こると考えられています。
なので治療の時には、これらのふたつの経絡に所属するツボを中心に、治療を進めていきます。
腎経では、足つぼの湧泉(ゆうせん)と太けい、肝経では、やはり、足つぼの太衝(たいしょう)というツボを刺激していきます。
更に足の三陰交(さんいんこう)も、効果的だそうです。

足つぼ以外では、お腹の中かん、背中の肝愈(かんゆう)も、補助的な効果がありますね。

また、冷え性とは逆の症状で、ほてりを感じるというのも、女性には多いようです。
なかには、冷え性でほてりもあるという方もおられます。
全く正反対の症状みたいな冷え性とほてりですが、そちらも血液の循環がきちんと行われていないことが原因であるという点で同じなんです。
ですので、ほてり改善のために刺激するのは、冷え性の場合と同じツボとなります。

[PR]
東京 マッサージ
東京 マッサージ

共通テーマ:健康

不眠でのつぼ療法 [効果]

どれほど睡眠を取れば、良いのかは、個人差があります。
よく7時間や8時間と言いますが、何時間、睡眠時間をとるべきであると、一概に言えません。
昼間に、身体全体が重かったり、けだるいようであれば、睡眠不足と考えるべきかもしれませんが。

そう言った場合には、つぼを刺激することで、効果が得られることがあります。
高ぶっている神経を休めるために、頭の百会(ひゃくえ)と耳の後ろの完骨(かんこつ)のつぼを刺激すると良いでしょう。
背中の隔愈(かくゆ)も、自律神経の狂いをただしてくれます。

・百会
頭のてっぺん、左右中央の線上にあります。
・完骨
耳の後ろの硬い骨をさぐります。この骨のうしろの下にあります。

また、足つぼでは、足のくるぶしの中封(ちゅうほう)を刺激すると神経症によく効きます。
・中封
内くるぶしの頂点から、足の甲の方向へ斜めに下に指でさぐっていくとあるへこみが中封のつぼです。

その他、寝つきを良くするためには、足の裏全体をよくもみほぐすようにすると効果があります。
タグ:効果 位置

共通テーマ:健康

腰痛でのつぼ療法 [効果]

腰痛の原因と言えば、姿勢の悪さや長時間の車の運転、運動不足など、日常生活における色々なことがあげられます。
その他にも、椎間板ヘルニア、脊椎分離、老化による変形性脊椎症などの骨の異常によってもありますし、婦人病や癌などによっても、腰痛が起こる可能性はあります。

なんらかの身体的な病気が原因の場合は、腰痛感知の為に、まずその治療を受けることが大切ですね。
つぼ療法は、それらの治療に並行して行うこととなります。

一方、姿勢の悪さなどによる腰痛の場合は、直接的につぼ治療が効果的となります。
適切なつぼに刺激を与えることで、腰部の筋肉に滞っていた疲労物質が取り除かれると、痛みが緩和されます。

そんな腰痛に有効なつぼは、腰の腎愈(じんゆ)や志室(ししつ)となります。
腎愈は、腰の規準線から背骨の突起へ、親指幅ふたつ分ほど上へいったところで、そこから、人差し指と中指の2本分外側です。
また、志室は、腎愈の左右、人差し指と中指2本分外側にあります。

また、足つぼでは、陽陵泉(ようりょうせん)です。
陽陵泉は、膝関節の直下で、外側にあるソラマメくらいの大きさの骨の直下です。

腰痛の場合、家庭でつぼ療法を行う際には、まず、痛む部分の皮膚に触れてみます。
熱をもっているかどうかの確認です。
急性のぎっくり腰のような場合だと、患部が炎症をおこして、熱をもっている可能性が高いのです。
その場合は、まずは腰部を冷やすことから始めましょう。
それから、指圧や、つまようじの先でつつくように刺激していきます。
熱をもっているときには、なるべく離れた、遠いところから行うようにします。

[PR]
マッサージ 出張 東京
東京 マッサージ
タグ:原因 効果 位置

共通テーマ:健康

足つぼマッサージの方法 [刺激法]

足つぼは、的確に施術すべき場所を集中的に指圧することができれば、効果が倍増します。
しかし、つぼの正確な位置を把握することは、難しいかもしれません。
でも、ご家庭で施術する分に、そこまでかっちりと考える必要はありません。
つぼを含めた、その周辺一帯をマッサージすることでも、存分に高い効果は得られます。

例えば、足つぼを刺激するのに、ゴルフボールを利用するという方法があります。
足の裏には、ツボが集中しています。
ですので、足裏全体を、ごろごろとゴルフボールでマッサージすることで、多くのつぼを簡単に刺激することができます。
膝を立てて、足の内側に使用するのも良いですね。
足の疲れを取り、むくみを解消することができます。

また、足の指にも注目しましょう。
足の指は、一日中、靴のなかで窮屈な思いをしていますので、その足の指を広げてあげましょう。
手の指を間にはさんで、組ませる要領でやると、効果があります。
足の指がほぐれるだけでなく、足の指に集中して、身体と対応している部分もほぐれてきます。
これは、頭痛、肩こり、冷え性にも効果を発揮します。

また、足の指をつまむようにして伸ばすという方法もあります。
指を一本ずつ、根元から指先に向けて、つまみあげるようにしてください。
揉んだり揺すったりでもかまいません。

足全体のけだるさをとるためには、軽く叩くことで血行をよくすれば効果があります。
片足ずつ、下から上の方向へ、リズミカルに叩いていきましょう。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。