So-net無料ブログ作成
検索選択

足つぼで注意する点 [効果]

足つぼを刺激しだすと、気持ちよくてついつい病みつきになってしまいがちです。
しかし何事もやりすぎは禁物なのです。
さらに、つぼは人によって体調によってはあまり刺激をし過ぎないほうが良い人、してはいけない人もいるのです。

つぼ刺激の丁度いい目安としては、1日に15分~30分程度が目安とされています。
時間帯はなるべく夕食のあとの、1~2時間ほど経った後のリラックスしている時に行うのが効果的とされているのです。

つぼの刺激法を覚えてくると、ついつい気持ちよくなり毎日続けたくなるものです。
しかし、毎日より少し休みをはさむ方が効果も大きい場合もあるそうです。

筋収縮性の頭痛などは、一回刺激を与えてあげると痛みがすっかり引いてしまう場合もあります。
また、長い期間つぼで治療を行わなければならない病気もあるので、病気の程度や種類などで、治療の日数は違ってくるということを知っておきましょう。
急性の場合だと比較的に早く治るのですが、慢性の病気になってくると少し長い期間が必要とされています。

足つぼの指圧で行う刺激方法はもちろん自分でも行えるのですが、誰かにやってもらうことでさらに心身ともにリラックスしながら受けれますよ。

タグ:つぼ

共通テーマ:健康

冷え性に効果のあるつぼ [効果]

冷え性に効果のあるつぼは、足の裏にある湧泉(ゆうせん)というつぼです。
湧泉は、足の裏の土踏まずの中心より少し足先側の、少し窪んでいる部分に位置しています。
わかりにくい場合は足指を内側に曲げることで、わりと簡単に見つけられると思います。

効果を効率よく得るためのつぼの刺激方法は、両手の親指を重ねて、湧泉はもちろん、さらに足の裏を全体的に押したり揉んだりしてみましょう。
またゴルフボールを床に置いて、足で踏んでボールを転がすようにマッサージしてあげると手軽につぼを刺激する事が可能です。
朝、昼、晩と片足1~2分ずつほど、3回行ってみてください。
さらに、このつぼは暖めてあげると、さらに効果が高まると言われています。
ドライヤーの温風をあててあげるのもオススメとなります。
その際、火傷しないように気をつけて行ってくださいね。
タグ:効果 つぼ

共通テーマ:健康

Reflexology [リフレクソロジー]

リフレクソロジーは反射療法とも呼ばれ、主に足の裏の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用して疲労の改善などをはかる療法です。

Reflexologyという名称の由来は、Reflex(反射)とOlogy(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせた造語で、直訳すると反射学という意味になります。また、リフレクソロジーを行う人はリフレクソロジストReflexologist)と呼ばれるそうです。

日本でのリフレクソロジーには「英国式」と「台湾式」と呼ばれるものが有名です。
いずれも元はアメリカ発祥で、「中国式」は台湾式に中国の伝統医学を組み込んだものが多いです。

リフレクソロジーと似た手技に観趾法(かんしほう)というものがありますが、これはリフレクソロジーとは起源も歴史も異なるものです。

共通テーマ:健康

按摩、マッサージ、指圧 [刺激法]

按摩、マッサージ、指圧の3つは、手で身体の状態を判断しながら、調子が悪い部分を探し出して治療するという点で共通しています。
ただし、按摩は中国、新宿 マッサージはヨーロッパ、指圧は日本で、それぞれ発祥したうえ、発達してきたという歴史があります。
また、その方法も、それぞれに異なっています。
按摩や指圧は、衣服の上から行うのが原則となります。
これに対して、マッサージは、裸になって行い、皮膚に直接刺激を与えるタイプになります。

また、刺激の方向についても、按摩や指圧は、身体の中心から末端へ向かって遠心性の刺激が与えられます
マッサージの場合は、身体の末端から中心へと求心性の刺激を加えていきます。

手技療法による刺激の方法は、分類すると、さする、もむ、こねる、たたく、ふるわす、押すの六つがあります。
このような六つの手技に対して、足つぼをはじめ、指圧は押す、按摩はもむという手技が中心に行なわれます。
直接、皮膚をさするのが、マッサージの基本となります。
その為、京都 マッサージ おすすめでは、手の滑りを良くする為に、患者の皮膚にオイルや潤滑油を用いるわけです。


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。