So-net無料ブログ作成
検索選択
東洋医学 ブログトップ

足つぼ療法の考え方 [東洋医学]

東洋医学の考え方の基礎となっているのが、古代中国の哲学である陰陽論と五行論です。
陰陽論の考え方を簡単に言いますと、宇宙の全てのものは、陰と陽の二つの相反する要素から成り立っているというものです。
一方、五行論を簡単に説明すると、自然界の色々な現象を、木火土金水という、5つの要素に分けて、その因果関係を説明しようというものです。

人間の身体にある臓器、五臓六腑も、全て5つにあてはめて考えられています。

・木に属する 肝の臓、胆の腑
・火に属する 心の臓、小腸と三焦の腑
・土に属する 脾の臓、胃の腑
・金に属する 肺の臓、太陽の腑
・水に属する 腎の臓、膀胱の腑

そして、病気とは、これらの五行の乱れによって生じるものであると考えられるのです。
つまりは所属する臓器に異常が生じるというわけです。
ですので、木火土金水の五行の調和を考えながら、五行に属する五臓六腑を調節することによって、病気を治療するという考えで成り立っています。

つぼが存在する経路には、肺経、太陽経などがあります。
肺の臓をめぐる経路には、肺経、太陽の腑をめぐる経路には、太陽経というように、それぞれが、めぐる臓腑の名前が付けられています。
そして、これらの経路は、関連の臓腑に力を与える役目を持っているというわけです。
そして、つぼ療法も、このような考え方に従って、不調な臓器に対応する足のつぼを刺激するというものなのです。


共通テーマ:健康

陰陽論と五行論 [東洋医学]

西洋医学は近代医学と呼ばれ、多くの障害や病気から人類を救う手段となっています。
しかし、そんな西洋医学がなかなか効果を発揮することができない、慢性的な痛みや痺れなどの症状に対しては、東洋医学の針灸治療が有益であると注目を浴びています。

針灸治療というのは、身体に位置する、数々のつぼ(経穴)に、針を刺したりお灸をすえたりすることで刺激をし、そのつぼに対応した臓器や組織の活動を活発にするという療法です。
また、針灸ではなくてもつぼを押したり、叩いたり、突いたりして刺激することで、ご家庭でも、容易に治療が可能であることで人気を集めているのが、つぼ療法です。

そのなかでも、足つぼ療法は良く知られています。
足つぼ療法は、その名の示す通り、つぼが集中する足の裏のつぼを刺激する療法です。

東洋医学とは、中国の古代哲学が基盤になっています。
古代の中国の人たちは、人間の身体のことも含めて、宇宙レベルで起こることであり、ありとあらゆることは陰陽論と五行論のふたつの考え方から成り立っているという考え方に従ってきました。

陰陽論とは、宇宙のすべてのものは陰と陽のふたつの相反する要素から成り立っているという考えから成立しています。
例えば、太陽と月、表と裏、男と女、これらは、全て前者が陽で後者は陰ととらえらるような考え方です。
人間の身体の中についても、背中が陽、それに対する腹部は陰というように、陰陽に二分されると考えます。

また、もうひとつ、東洋医学の基盤となっているのが、五行です。
五行とは、自然界の様々な現象を、木火土金水という、五つの要素に分けて因果関係を説明しようとするものです。
人間の体内にある臓器、五臓六腑と呼ばれますが、全て木火土金水の五つに当てはめて考えられています。

東洋医学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。